一般社団法人 全優石 全国優良石材店

ダイボ石材店

お問合せフォーム
  • 電話0982-50-4451
  • 宮崎県東臼杵郡 門川町加草 2-128

施工例紹介

N家様墓所【建替】

2022年2月6日

  • 名称N様家墓所【建替】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2,000mm×3,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)及びインド産御影石(インドマホガニー)
  • 外柵石種白御影石(※既存石囲い)
  • N家様墓所【建替】

    奥様のお母様がご逝去され、山の上に登った場所でお祀りされていたご先祖様をお墓参りのしやすい場所へと移動されることになりました。

    移動することになった当初は、新たに墓地区画を借りるよう考えていましたが、移動(改葬)先に考えていた墓所には、若くして旅立った息子様が眠るお墓がありました。

    そこで、墓石本体を建て替えると同時にリフォームをすることになりました。

    今回は、縁あって一緒になった家族をお祀りする、両家墓にすることになりました。

    お墓に刻む文字は、「倶会一処」(※墓石には、旧字を刻んでいます)

    この言葉は、仏語であり、仏説阿弥陀経に出てくる言葉ですが、

    「南無阿弥陀仏とお念仏をお唱えする者同士は、阿弥陀様のお迎えをいただき、必ず倶(とも)に一つの(処)ところで会いましょう。という意味を表します。

    わかりやすく解説をすると、現世ではもう会えないけれど、またあの世で会いましょう」という言葉を表します。

    縁あって、一緒になった皆様を繋ぐ。そんな言葉です。

     

  • N家様墓所【既存墓】

    このお墓は、突然の事故でこの世を去ってしまった息子様のために作られたそうです。

    悲しみに暮れる中、故人と向き合うこともできず、墓石も石屋産に全てお任せで作られたそうです。

    今回はこのお墓も無駄になることをせず、墓石本体を建て替え、床面には管理のしやすいよう石を貼ることにしました。

N家様墓所【新規ご建立】

2021年1月30日

  • 名称N様家【新規ご建立】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1,500mm×2,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • N家様墓所【新規ご建立】

    「自分たちがいずはいる場所だから、自分たちが納得したものにしたい」

    その想いから生前にお墓を建てる寿陵墓を建てることにしました。

    生前にお墓を建てるということは、逆修といって、

    「生きているうちに自分のための仏事をして冥福を祈る」と言われています。

    ですので、長生きをするとも言われています。

    お墓のデザインだけでなく、長く祀っていく場所ですので、石種もしっかりしたものを選びました。

S家様墓所【建て替え】

2020年8月25日

  • 名称S家様墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ3,000mm×4,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種ブロック
  • S家様墓所 【建て替え】

    お墓参りに行くたびに

    「虫が多く、草木が生い茂っていて大変だ」そんなお悩みもあり、今回お墓を建て替えられることになりました。

    これまではコンクリート製の納骨室の上に和型のお墓がありました。

    建て替えるにあたり、形や石の種類など展示品を参考にしながらご夫婦で決められました。

    地震に強いお墓にしたいということで、全優石の特許技術『免震棒』を採用しています。

    また囲障のブロックは、既存のブロックがあり、それを利用しているため一度洗浄機で洗い流し、その後の劣化を少しでも遅らせることと少しでも見た目を良くするように、塗装をしています。

    これまで守ってきたご先祖様も大切に祀っていきたい。というご要望から、両側に配置をしました。

    ご自宅を眺めることのできる墓所でもあるので、ベンチも設置し、ただお参りするだけでなく、ゆっくりと過ごすことができる、そんな特別な場所にもなりそうです。

S家様墓所【新規ご建立】

2020年3月11日

  • 名称S家様墓所 【 新規ご建立 】
  • 建立地宮崎市
  • 敷地サイズ2,000mm×2,500mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)及びアメリカ産桜御影石(アメリカンピンク)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • S家様墓所 【 新規ご建立】

    奥様との突然の別れから一年が経ち、少しずつ供養について向き合うことができ、お墓を建てることにされたそうです。

    お話しをしていると、以前は供養についてあまり深く考えていなかったこともあり、数年前に実家のお墓を取り壊してしまっていたそうです。

    今回、大切な妻が他界し、改めて供養について考えることになったようです。

     

    優しくお花が大好きで可憐な奥様だいうことで、和洋折衷のお墓を考えられていたのでグレー系統の石とピンクの石を組み合わせてデザインしました。

    両端には花壇も設け、四季折々の花が咲く墓所となりました。

I家様墓所【新規ご建立】

2020年1月7日

  • 名称I家様墓所【新規ご建立】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2,000mm×3,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • I家様墓所【新規ご建立】

    生前にお母様が「きれいなお墓に入りたい」そう言われていたのでということで、新しくお墓を建て直す事になりました。

    墓石の建立に合わせ墓地も移動になりました。

    息子さんと娘さんが主となり、展示品を参考にしながら完成したお墓です。

    「図面で見るより、すごく立派で母も喜びます」と家族の皆様からお喜びの声をいただくことができました。

    左側にはベンチ兼収納庫を設置しお線香やろうそくを収めておくこともできますので、いつでも誰でも気軽にお墓参りに行くことが可能です。

    また、見えないところにはなりますが、墓石本体には地震に備えて全優石の特許技術『免震棒』を採用しています。