一般社団法人 全優石 全国優良石材店

ダイボ石材店

お問合せフォーム
  • 電話0982-50-4451
  • 宮崎県東臼杵郡 門川町加草 2-128

施工例紹介

A家様墓所【建て替え】

2021年5月16日

  • 名称A家様墓所【建て替え】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1,900mm×2,600mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • A家様墓所【建て替え】

    奥様が他界され、一周忌を迎える前にお墓の建て替えをさせていただきました。

    お墓を作るにあたり、「シンプルでこれまでの形を崩したくない。」

    というご要望もあり、縦型のお墓にしました。

    天板(スラブ)を後方の石囲いに乗せることで、墓石本体と石囲いの間にできる空間をなくし、お手入れもしやすいよう設計をしました。

    門柱部分には、ベンチ兼収納庫をもうけ、いつでも手ぶらでお墓参りに来ることができます。

    また、縦型のお墓では地震に対し一番心配をされますが、全国優良石材店の会(全優石)の特許技術『免震棒』を採用しました。

     

  • A家様墓所【建て替え前】

    建て替え前の墓石です。

    ブロック囲いで地下式の納骨室でした。

     

O家様墓所【リフォーム】

2021年1月22日

  • 名称O家様墓所【リフォーム】
  • 建立地門川町
  • 敷地サイズ2,200mm×2,600mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産黒御影石(MU)及び既存墓石
  • 外柵石種インド産黒御影石(MU)
  • O家様墓所【リフォーム】

    これまで祀られていたお墓を移動するのにあわせ、お墓のリフォームを行いました。

    お母様が他界され、先々も考えた時に少しでも立地のいい場所、そして、きれいなお墓にしたいということでした。

    これまで祀られてきたお墓を拝見させていただくと、国産の黒御影石を使用していました。

    すでにお亡くなりになられているお父様が建立されたお墓だそうです。

    「ずっとみんなで手を合わせてきたお墓だったので、そのお墓が使いたい。」

    そのお客様の想いを大切に、既存墓石を活かしたリフォーム工事です。

    すべて黒御影石のお墓となり、かなり重厚感のあるお墓となりました。

    また、墓石本体は地震等での被害を考え、地震の揺れを吸収する全優石が特許を取得している免震棒を採用。

  • これまで祀られていたお墓

    建立され50年以上経とうとしているお墓です。

    お墓の表面の艶が落ちていました。

    今回、お名前が刻まれている石(仏石)を使わせていただきました。

  • 再研磨後

    既存墓石を工場にて磨き直すことで、その石がもつ本来の輝きを取り戻すことができました。

    また文字の色を入れ直すことでクッキリと見えやすくなりました。

S家様墓所【建て替え】

2020年8月25日

  • 名称S家様墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ3,000mm×4,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種ブロック
  • S家様墓所 【建て替え】

    お墓参りに行くたびに

    「虫が多く、草木が生い茂っていて大変だ」そんなお悩みもあり、今回お墓を建て替えられることになりました。

    これまではコンクリート製の納骨室の上に和型のお墓がありました。

    建て替えるにあたり、形や石の種類など展示品を参考にしながらご夫婦で決められました。

    地震に強いお墓にしたいということで、全優石の特許技術『免震棒』を採用しています。

    また囲障のブロックは、既存のブロックがあり、それを利用しているため一度洗浄機で洗い流し、その後の劣化を少しでも遅らせることと少しでも見た目を良くするように、塗装をしています。

    これまで守ってきたご先祖様も大切に祀っていきたい。というご要望から、両側に配置をしました。

    ご自宅を眺めることのできる墓所でもあるので、ベンチも設置し、ただお参りするだけでなく、ゆっくりと過ごすことができる、そんな特別な場所にもなりそうです。

S家様墓所【建て替え】

2020年7月7日

  • 名称S家様墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2,000mm×1,600mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • S家様墓所 【建て替え】

    古くなったお墓を建て替えるさせていただくことにしました。

    これまでは名前の刻まれた石(仏石)以外はコンクリートコンクリートで作られていたのですが、「いざ自分たちが入る場所と考えたときに少しでもきれいにしておきたい。」ということで建て替えることにされたそうです。

    息子様も県外にいらっしゃるのですが、帰省するきっかけとなるし、両親がそういう考えを持っているのであれば、その考えに添ってあげたいと皆様でしっかり話し合いをされお墓づくりを行いました。

     

    「大きいお墓、立派なお墓ではなく、自分たちらしいお墓を。」

    ということをテーマに、縦型のお墓にすることにしました。

    末永く守っていっていく場所ですので、墓石本体の仏石とその土台となる石には地震の揺れを吸収する工法『免震棒』を採用。

     

    ご高齢のお客様ですが、いつまでも元気にこの場所を眺めていてもらいたいです。

  • S家様墓所【施工前】

    S家様墓所の既存墓です。

    囲障のブロックも老朽化をしています。

    新しい墓所は広々としたいということで、囲障を設けていません。

I家様墓所【新規ご建立】

2020年1月7日

  • 名称I家様墓所【新規ご建立】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2,000mm×3,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • I家様墓所【新規ご建立】

    生前にお母様が「きれいなお墓に入りたい」そう言われていたのでということで、新しくお墓を建て直す事になりました。

    墓石の建立に合わせ墓地も移動になりました。

    息子さんと娘さんが主となり、展示品を参考にしながら完成したお墓です。

    「図面で見るより、すごく立派で母も喜びます」と家族の皆様からお喜びの声をいただくことができました。

    左側にはベンチ兼収納庫を設置しお線香やろうそくを収めておくこともできますので、いつでも誰でも気軽にお墓参りに行くことが可能です。

    また、見えないところにはなりますが、墓石本体には地震に備えて全優石の特許技術『免震棒』を採用しています。

K家様墓所【 新規ご建立 】

2019年8月15日

  • 名称K家様墓所 【 新規ご建立 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1500mm×2000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • K家様墓所 【 新規ご建立 】

    これまで少し離れた墓地にお墓があったのですが、諸事情により改葬を検討。

    墓地を探すところからのスタートでした。

    墓地が決まり、その墓地に建立されているお墓を見ながら、形や石種を決めていきました。

    左手には、ベンチ兼収納庫を設けることでお墓まいりの際に座ることも可能です。

    また、お花を生けたりする際に荷物を置いたりすることもできたりとあると便利なアイテムとなっています。

K家様墓所 【 建て替え 】

2019年6月23日

  • 名称K家様墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2,200mm×2,100mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種中国産白御影石
  • K家様墓所 【 建て替え 】

    コンクリート製のカロート(納骨室)の老朽化により、崩れ落ちている箇所もあり、お墓の建て替えをすることにしました。

    当初は、仏石等は再研磨をし利用しようと思いましたが、思い切ってすべてを建て替えることにしました。

    縦型のお墓が多い墓所ではあるのですが、横型のお墓にしても何も遜色ないように感じます。

    今年の夏には夫の17回忌を迎えるので、きれいなお墓で年忌法要を迎えることができます。

  • K家様墓所 【 施行前 】

    カロート(納骨室)部分はたわしを使い掃除をしていたのできれいにしていたのですが、老朽化にはかなわず納骨口部分にヒビがあり、崩れていました。

    コンクリートの耐久年数は60年と言われていますが、取り壊す際に見てみると鉄筋が錆びていました。

    海岸沿いにある墓所ですので、潮風等の影響が多少なりともあると思います。

     

S家様墓所 【 建て替え 】

2019年6月13日

  • 名称S家様墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1100mm×1100mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • S家様墓所 【 建て替え 】

    これまでは、向かって左手にあるお墓と同様の墓石でした。

    古くなっていたことや汚れが付着しやすい石でもあったので、今回墓石を建て替えることに踏み切りました。

    また、これまでは山を登っていく墓地にあり、歳を重ねるごとに墓守りが大変だと感じていた嫁ぎ先のご先祖様が眠る墓石も合わせて一緒に祀ることにしました。

    両家の絆を繋ぐ、両家墓です。

    縁あったもの同士が一緒になり、これから先もどちらのご先祖様も粗末にならない、新しい供養の形になることと思います。

K様家墓所 【 建て替え 】

2019年3月16日

  • 名称K様家墓所 【 建て替え 】
  • 建立地日向市
  • 敷地サイズ2000m×2000mm
  • 石塔石種中国産白御影石
  • 外柵石種中国産白御影石
  • K様家墓所 【 建て替え 】

    これまで祀られてきたお墓を、父の納骨に合わせ建て替えることにしました。

    古くなっていたということもありましたが、地下式の納骨室で暗い印象を受けていましたが、今回地上式にすることで、納骨もしやすく、またきれいな場所へ納めることができます。

    お墓の形は、これまでと同様の縦型の和墓です。

    大きく変わったのは、土間に敷き詰められた玉砂利を石貼りにしたことです。

    これにより、葉っぱなどが落ちていてもほうきでサッとはき出すだけで掃除のしやすい墓所になりました。

N様家墓所 【 建て替え 】

2019年3月3日

  • 名称N様家墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1300mm×1100mm
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種なし(既存タイル)
  • N様家墓所 【 建て替え】

    これまで祀ってこられたお墓を建て替えることにしました。

    この地区の墓地は、縦型のお墓(和墓)が8割を占める墓所で、近年では横型のお墓(洋墓)が少しずつ増えてきています。

    そんな中、今回建立させていただいた墓石は、その中間の和洋折衷墓です。

    縦型は高さが高いな・・・

    横型のお墓は少し低いような感じを受ける・・・

    という方に、ぜひオススメのデザインです。

    納骨室は天板を設けず、高さも抑えつつ、ご遺骨が収めやすく、女性でも開閉しやすく、いつも納骨室内部が見れる観音扉を採用しました。

    仏石の次には蓮華を設けました。

    蓮華はハスの花の上でご先祖様が鎮座しているという意味も持ちます。

    全体的にどしっとしながらも落ち着きのあるお墓となりました。

  • 【 建て替えられる前の墓石 】

    個人墓だったので、納骨室がなく、今回ご不幸があり、その際に納骨ができないということでお墓を建て替えられることになったそうです。