一般社団法人 全優石 全国優良石材店

ダイボ石材店

お問合せフォーム
  • 電話0982-50-4451
  • 宮崎県東臼杵郡 門川町加草 2-128

施工例紹介

S家様墓所【 新規ご建立】

2019年6月16日

  • 名称S家様墓所 【 新規ご建立 】
  • 建立地山口県山陽小野田市
  • 敷地サイズ1600mm×2000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • 外柵石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • S家様墓所 【 新規ご建立】

    延岡市から改葬するにあたり、新しく墓石を建立することにしました。

    これまでは九寸三段和墓を建墓していたのですが、

    ます、仏石もこれまでよりも一回り大きな一尺(約31cm)の仏石に変更。

    また納骨室部分もこれまでの蓋式のものから観音扉付きの高台式に変更。

    お施主様もお墓が少し大きくなったと喜んでもらえ、合わせて納骨室内も広々となったと喜ばれていました。

     

    和墓は、「地震などでの倒壊するのが心配だ」という声もあるのですが、地震に対する備えとして

    ①免震棒(全優石の特許技術)を採用する。

    ※オプションになります。実験の模様は弊社門川展示場にてご覧いただけます。

    ②接着剤にて補強

    ③免震パッドを採用

    上記のような対策を取ることが可能です。

    ②に関しては、現在ほとんどの石材店が取られている備えかと思いますが、事前に石材店の方に問うことも必要かと思います。

    今回の施工に関しましては、②の備えを行なっています。

S家様墓所 【 建て替え 】

2019年6月13日

  • 名称S家様墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1100mm×1100mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産青御影石(アーバングレー)
  • S家様墓所 【 建て替え 】

    これまでは、向かって左手にあるお墓と同様の墓石でした。

    古くなっていたことや汚れが付着しやすい石でもあったので、今回墓石を建て替えることに踏み切りました。

    また、これまでは山を登っていく墓地にあり、歳を重ねるごとに墓守りが大変だと感じていた嫁ぎ先のご先祖様が眠る墓石も合わせて一緒に祀ることにしました。

    両家の絆を繋ぐ、両家墓です。

    縁あったもの同士が一緒になり、これから先もどちらのご先祖様も粗末にならない、新しい供養の形になることと思います。

N家様墓所 【 新規ご建立】

2019年6月13日

  • 名称N家様墓所【 新規ご建立 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1500mm×2000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • N家様墓所 【 新規ご建立 】

    ご主人様が他界し、お墓を3回忌に合わせ建立しました。

    少しでも柔らかみのあるデザインを考えたということで、設計をしました。

    門柱は人が入りやすいようにと丸みを帯びたものを採用。

    灯篭の代わりに球体を設置し、優しい雰囲気のお墓にしました。

  • 仏石

    ありがとう。

    この言葉を夫へ送り、また、お墓に来てくれてありがとう。両方の意味を持ちます。

    いつまでもこの想いを大切にし、これからも家族の繋がる場所にしていきたいと思います。

  • 扉部分

    通常、家紋を彫刻する箇所ですが、鮎釣りの大好きだった夫でしたので、そのイラストを彫刻。

    すごくいい雰囲気になりました。

U家様墓石【 新規ご建立 】

2019年5月26日

  • 名称U家様墓石【 新規ご建立 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2,000mm×3,000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種インド産御影石(ベルガム)
  • U家様墓石 【 新規ご建立 】

    お母様が他界され、四十九日の納骨を前にお墓を建立しました。

    奥様の家のお墓を祀られているので、仏石の形は同じようにしたいとのことで和洋折衷のお墓を設計をしました。

    また、少しでも掃除を楽にしたいということで、納骨室は敷地いっぱいに納骨室を設けた観音扉付き一体型納骨室を採用しました。

     

  • 立体彫刻

    仏石の右下には、ワンポイントで立体的に花を彫りました。

    色を入れないことで、すごく落ち着いた雰囲気も出ています。

Y家様墓所 【 新規ご建立 】

2019年3月23日

  • 名称Y家様墓所 【 新規ご建立】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1200mm×1200mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • Y様家墓所 【 新規ご建立 】

    平成最後となるこの歳に、そして、71歳の誕生日を迎える前に寿陵墓(生前墓)を建立することにしました。

    墓石といえば、縦型のイメージが強く、展示場でいろいろな見ながらも、「これがお墓だよな」と考えていました。

    しかし、墓地で打ち合わせをしながら、洋型の墓石を見たときに、こういう形もいいなぁと思い形を変更し再度提案をしてもらいました。

    実際に建立したお墓を見ながら、「やっぱりこれにしてよかった」そう思えるお墓になりました。

I家様墓所 【 新規ご建立】

2019年3月20日

  • 名称I家様墓所 【 新規ご建立 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2000mm×2500mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • I家様墓所 【 新規ご建立 】

    自分の代でやっておきたかったこと。として、お墓を建立しました。

    家族間で様々な意見も出ましたが、私の想いを通してくれました。

     

    お墓の形は、管理のしやすい洋型にし、入り口には、ボリュームを出すために門柱を配置しました。

    片方の門柱は、ベンチ兼収納庫になっていますので、お線香やろうそくなど、お墓参りに必要なものを入れておくことも可能です。

    納骨室の天板(スラブ)を後方の石囲いに乗せることで、墓石本体の後方にできる、石囲いとの隙間をなくすことで、飛んできた葉っぱやゴミなどもたまらないように作られています。

H様家墓所 【 新規ご建立 】

2019年3月19日

  • 名称H様家墓所 【 新規ご建立 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2000mm×3000mm(間口×奥行き)
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • H様家墓所 【 新規ご建立 】

    弊社、門川展示場にて展示されている、天子(てんし)を基調に敷地に合わせて設計をしたお墓になります。

    いろんな形のお墓を見ながら、この形にいきついたそうで、完成後には「すごく立派でかっこよくなりました」とお喜びの声をいただきました。

  • 天子(てんし)

    こちらが、弊社の門川展示場にて展示してあります、天子(てんし)と称された墓石です。

    宮崎県の中でも有数の観光地でもある高千穂町は、古くから神々のふるさと、天孫降臨の地と呼ばれています。

    この墓石は日本神話の中でも紹介されている三種の神器を墓石の中に組み込み、天孫降臨の地をイメージして作られた墓石になります。

    三種の神器とは、歴代天皇が継承してきた三種の宝物であり、八咫の鏡(ヤタノカガミ)、草薙の剣(クサナギノツルギ)、八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)のことを示します。

    仏石は、剣を表現し、囲障となる石囲いには、勾玉、納骨口の観音扉の両側には鏡を設け、三種の神器を取り入れた墓石になっています。

    また、天板の上に、低めの囲障を設けているのですが、これは山々に囲まれた中にそびえ立つお墓ということで、山をイメージして作られています。

     

    ※この展示品は敷地の広さを1500mm×2000mm(間口×奥行き)で、インド産黒御影石(IR-1)を使用し設計をしてあります。

    敷地の広さや石種によって表示価格と施工価格総額での誤差が生じますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

     

K様家墓所 【 建て替え 】

2019年3月16日

  • 名称K様家墓所 【 建て替え 】
  • 建立地日向市
  • 敷地サイズ2000m×2000mm
  • 石塔石種中国産白御影石
  • 外柵石種中国産白御影石
  • K様家墓所 【 建て替え 】

    これまで祀られてきたお墓を、父の納骨に合わせ建て替えることにしました。

    古くなっていたということもありましたが、地下式の納骨室で暗い印象を受けていましたが、今回地上式にすることで、納骨もしやすく、またきれいな場所へ納めることができます。

    お墓の形は、これまでと同様の縦型の和墓です。

    大きく変わったのは、土間に敷き詰められた玉砂利を石貼りにしたことです。

    これにより、葉っぱなどが落ちていてもほうきでサッとはき出すだけで掃除のしやすい墓所になりました。

N様家墓所 【 建て替え 】

2019年3月3日

  • 名称N様家墓所 【 建て替え 】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ1300mm×1100mm
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種なし(既存タイル)
  • N様家墓所 【 建て替え】

    これまで祀ってこられたお墓を建て替えることにしました。

    この地区の墓地は、縦型のお墓(和墓)が8割を占める墓所で、近年では横型のお墓(洋墓)が少しずつ増えてきています。

    そんな中、今回建立させていただいた墓石は、その中間の和洋折衷墓です。

    縦型は高さが高いな・・・

    横型のお墓は少し低いような感じを受ける・・・

    という方に、ぜひオススメのデザインです。

    納骨室は天板を設けず、高さも抑えつつ、ご遺骨が収めやすく、女性でも開閉しやすく、いつも納骨室内部が見れる観音扉を採用しました。

    仏石の次には蓮華を設けました。

    蓮華はハスの花の上でご先祖様が鎮座しているという意味も持ちます。

    全体的にどしっとしながらも落ち着きのあるお墓となりました。

  • 【 建て替えられる前の墓石 】

    個人墓だったので、納骨室がなく、今回ご不幸があり、その際に納骨ができないということでお墓を建て替えられることになったそうです。

N様家墓所 【 新規ご建立 】

2019年3月3日

  • 名称N様家墓所 【 新規ご建立】
  • 建立地延岡市
  • 敷地サイズ2140mm×2340mm
  • 石塔石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • 外柵石種インド産黒御影石(ベルガム)
  • N様家墓所 【 新規ご建立 】

    これまで13基ほどあったお墓を一つのお墓にまとめました。(寄せ墓)

    設計をするにあたり考えられていたのは、昔ながらの縦型のお墓でした。

    納骨室は広々と設け、後方の石囲いに天板(スラブ)を乗せることで、墓石本体と石囲い(後ろ)部分の隙間をなくし、お手入れや管理のしやすいお墓に設計してあります。

    また、門柱の上には角置灯とうを設けました。

    少し広めの墓所には、こういった灯ろうを設置することで、見た目もどしっとした感じを受けることができます。

    立地的に水が上がってくる可能性もあるとのことで、基礎コンクリートの部分を高めました。

    合わせて、地震のことを気にされていましたので、基礎工事は型枠工事でコンクリートを打設することで、強度を高め、墓石本体には免震棒を施工することで、より強固な墓石が完成いたしました。